八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お不動さんまつり

九月二十八日
まごめ会でお不動さんまつりを執り行いました。

メンバーそれぞれの今を迸(ホトバシ)らせた奉納太鼓。

0928只道さん2


時空を飛び越えるかのような朗読を、臨場感あふれる演技で魅せてくれた
好村俊子さんの「八百比丘尼」&「貧乏神と福の神」

0928好村さん


手をあわせ、声をあわせ、心をあわせ、みんなで読んだお経。


愛情のこもったお料理に舌鼓を打ちながら、素晴らしい一日を過ごしました。


みなさん、ありがとうございました。


<ようすけ>



補記:好村俊子さんとは原爆の図・丸木美術館で知り合いました。
     「にんげんをかえせ」の朗読。まったく衝撃的な表現でした。
    CDを出していらっしゃいます。興味のある方は是非。
   

内容紹介
原爆詩人と呼ばれた、「峠三吉全詩集・にんげんをかえせ」より、原爆投下以前の作品と投下後の作品を抜粋し、俳優・声優の好村俊子が深く静かに朗読しています。 針生一郎氏より (元新日本文学界代表世話人・美術評論家連盟会長) 「好村冨士彦はわたしより少し年下だが、広島に住んで原爆被爆体験の発掘・記録・伝承に熱心だったので、同世代の独文学者中わたしともっとも親しかった。その彼が亡くなって七年後、妹の好村俊子から、兄も傾倒した峠三吉の「にんげんをかえせ」の解説付き朗読CDを送られた。 さすがに俳優・声優としての長いキャリアをもつ彼女だけに、このCDは峠の絶唱の迫力と魅力をまざまざと味わせてくれる。聴くことがたちまち好村冨士彦のよびかけたような、再発掘・記録・伝承の運動の起点となる経験は滅多にない。ぜひとも多くの人びとに、このCDを聴いてほしいと思う」 御庄博実氏より (広島共立病院名誉院長・峠三吉生前よりの詩友) 「峠の詩と、丸木夫妻の「原爆の図」とが二重うつしになって、聴く人の心の底にひびきます。音楽がどの詩のところでも、よりそう影の様に重要な役割を果たしているのに感動しました」 増岡 弘氏より (劇団東京ルネッサンス代表・声優「サザエさん」マスオ役・ほか) 「人は『遠近法』で生きています。遠くのものは小さく見え、近くのものは大きく見えます。絵を描く時、たとえば一本の道を描く時、同じ巾の道が手前では大きく、遠くでは小さくなり消えていきます。 でも、これはすべての事に言えます。 女優・好村俊子さんが、峠三吉「原爆詩集」のCD『にんげんをかえせ』を完成されました。情緒に陥り易いこの作品を、深く、静かに表現をして、女優・声優の好村俊子さんの集大成ともなりました。 戦争を知らない若い世代の方に、特に聴いて欲しいと願うばかりです。 時間と共に遠くになってはならない大切な心がここにあります」


CDには10編の詩と解説が収録されており、約40分。1枚2000円。
問い合わせは東京都江東区牡丹2・2・1・404の好村俊子プロデュース・鷹(03・3641・0552)へ。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

久々の不動まつり、たくさん集まっていただき、充実した一日でした。会のメンバーもそれぞれに力を貸してくれて、有難かったです。あのお不動さんの小部屋に、15人もの人が座れたのにはビックリ。好村さんの朗読2編も、怖く楽しい、珠玉の語りで、グーンと引き込まれました。こんな幸せな一日がいただけれなんて、水野が大病した2年前は、思いもよらなかった。お不動さん、今出会っている皆さん、ありがとうございました! い

い | URL | 2008年10月01日(Wed)09:17 [EDIT]


感情の宿るもの

お不動さま祭りに行けなくて、本当に残念でした。(;_;)

未だ好村さんの朗読を、生に体験したことのない私にとって、うらやましさにため息が出ます。

けれど、CDは聞かせていただいています。

目の前にまざまざと当時の光景が浮かんできて、息苦しくなるほどでした。

人間の怒りや哀しみや、すべての感情を、声ひとつで表現される、その力量と気迫に圧倒されます。

昨日その場で聞けた方々は、本当に幸せでしたね☆(*^-^*)

今日お電話でお話したら、「三才のかわいいお客様もいて、そんな小さい子相手に話すのは初めてだったけれどね、すごく喜んでくれて嬉しかったわ♪」とおっしゃっていましたよ。(^-^)

ぽんちゃん | URL | 2008年09月29日(Mon)21:28 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。