八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギターとの狂演

エノ氏は、すごくノッてよかった。ギターは、上手く弾きすぎで、間がなかったのが残念。折角の陽氏の唄を、音なしで聞かせてほしかった。但し、唄の意味よくわからんかった。五
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

カケラケラ

ぽんちゃん、あたたかいコメントありがとうございます。

おけらほどには届けたい。なあ。

秋の音がしてきましたね。

明日はおっぺで満月祭。

ようすけ | URL | 2008年09月13日(Sat)21:48 [EDIT]


歌のチカラ、心のカケラ

自分の中にある雲のようにつかみとれない心情や思考を、詞という形にして、聴く人すべてに解ってもらえるように伝えようとするのは、すごく難しいことだと思います。

けれど、歌は詞だけでは表現しきれない、形にならない部分を届ける力を持っています。

たとえば外国の曲を耳にして、歌詞がまるで解らないのに涙があふれてきたりするように…。

大切なのはきっと、表現する側の「届けたい」という想いの強さではないでしょうか…?

うたごころ、カケラは確かに届いていたと思います。(^-^)

*生意気なコメント、失礼いたしました。

ぽんちゃん | URL | 2008年09月10日(Wed)09:58 [EDIT]


うたごころ

つたわるのに足りなかったものは何かと考える。

思い上がりからこぼれた意思と工夫。


ようすけ | URL | 2008年09月04日(Thu)16:48 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。