八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

八丈太鼓インドネシア交流事業

八丈太鼓インドネシア交流事業
“Hachijo-Daiko”IndonesiaFriendship Culture 2010


http://blogs.yahoo.co.jp/dewandaru2006/51225681.html
より転載

9月20日より30日までデワンダルダンスカンパニーによる八丈太鼓友好ツアーを
中部ジャワ・バニュマスとスラカルタ(通称ソロ)の2都市で行います。
公演、ワークショップ、レクチャーを通し、現地の芸術家を志す若者のみならず日本の伝統芸能に触れる機会のない一般市民の方々まで巻き込んだ文化交流を目指します。
八丈太鼓は江戸時代から200年以上八丈島に伝わる郷土芸能で、一台の太鼓を
二人一組で向かい合って打つ、太鼓の原点ともいうべきシンプルなもの。
一方が決まったリズムを刻む下拍子、もう一方はそれに合わせて即興的に自由に打ち込む上拍子から成り立ち、誰もがその場で打って楽しめる親しみやすさのある芸能です。

バニュマスでは八丈太鼓の演奏はもちろん、ジャワ舞踊家リアントが太鼓とコラボレーションを行い異文化との融合を試み、さらに男性が女装して艶やかに踊る「レンゲル」を継承する最高齢ダリア氏の出演もあり、両国の伝統芸能の競演が期待できます。
ソロでは伝統舞踊と音楽の保存と継承を目的に毎月26日に行われる「ラングンブクサン・ナムリクラン」の一環として参加。芸術に関心の高いこの場で日本の伝統音楽が披露されるのは初めてであり、芸術を通した有意義な文化交流となることでしょう。
またこれ以外にも宮本卯之助商店元太鼓館館長
越智恵による日本の太鼓のレクチャーや仲野恵子のコンテンポラリーダンス、林夏木のアフロブラジリアンダンス、デワンダルダンスカンパニーによるジャワ舞踊など、それぞれの身体表現を通して文化を超えたコミュニケーションをします。
もしご都合が合う方、楽しいステージになることは間違いありませんので
ぜひいらしてください!!


【公演】9月23日(木)19:30~バニュマス県立野外劇場
      26日(日)19:30~ソロ国立芸術高校野外劇場
      28日(火)19:30~ソロ・ウィスマスニ野外劇場
【ワークショップ&レクチャー】
    9月22日(水)9:00~バニュマス国立芸術高校
      23日(木) 14:00~バニュマス県立プンドポシパンジ野外劇場
      25日(土) 10:00~ソロ国立芸術高校
      28日(火) 10:00~ソロ・ウィスマスニ野外劇場
【出演】八丈太鼓/水野只道・水野五十子・柵木富美・新井陽介・奥山美里
    太鼓レクチャー/越智恵   レンゲル/リアント・ダリヤ
    コンテンポラリーダンス/仲野恵子
    アフロブラジリアン/林夏木 
    ガムラン演奏/河内登・西村はる美     
    ジャワ舞踊/川島未耒・氏家奈緒子・金沢かりな瑠美子
    早野サカモト葉子・舟山あゆ美・持田新子・安谷絵里・山本有香

【助成】国際交流基金   【後援】在日インドネシア共和国大使館
【協賛】ガルーダインドネシア航空・宮本卯之助商店
【共催】バニュマス県立教育文化庁・ラングンブクサンナムリクラン事務局
    中部ジャワスラカルタ芸術センター
【総合演出】リアント
【企画・主催】デワンダルダンスカンパニー・川島未耒


o


u




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。