八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

不動さんまつり有り難う!

不動さんまつり有り難う!
9/27、馬込の稽古場上にある、お不動さんの部屋でお祭りをしました。水野の持仏の個人的なお祭りですが、今年は30人近い人が集まりました。全員が地下の稽古場で奉納の太鼓を打った後に、上で読経とお話し、そのあと会食に入りました。今年お呼びした、被曝者の岡村多恵子さんも、一緒に太鼓を打ってくれ、体調も厳しい中、84歳とは思えないしっかりとした調子で、自作の歌と貴重な体験を聴かせて下さって、感動しました。俳優の好村俊子さんからも、楽しいお話と平和への願いを込めたを詩で花を添えて戴き、有意義で楽しい集まりとなりました。今年は、特に若い参加者が増えてくれたことが嬉しく、これまで太鼓の会をやってきてよかった、と思っています。皆さんの差し入れやカンパも、ほんとに有難うございました!                ( しどう・いそこ)

iso sido tae


tae2 tosi kanpai




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

8月6日

岡村多恵子さんの話、凄まじかったです。
まるで昨日のことのように、ありありと話されていたのは、過ぎた年月によって忘れようとしても決して忘れることができないほど強烈な光景、体験だったということなのでしょうか。
ボロボロと涙を流しながら辛い体験を語ってくださって心底ありがたかったです。
素晴らしい機会を作ってくださってありがとうございました。

ふと、思ったのですが
もし、丸木夫妻の原爆の図を見ながら被爆された方の話を聞くことができたとしたら、
聞いた人はいったいどうなることでしょう?
凹みすぎて立ち直れなくなるのか、それとも、今までよりもしゃんと立ちしっかりと歩き始めるのか


えの | URL | 2009年10月15日(Thu)23:05 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。