八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5/23縄文calling写真

5/23 高尾 縄文calling ご報告


takao1 takao2 takao3


イベントのオープニング。森の中。


鳥や森の精たちがさざめきあっているような、杉に囲まれた空間。

うた。声。太鼓。それぞれの音がい~い感じに響きわたっていきました。




takao4 takao5 

集ったみんなも共鳴してノリまくり。楽しかったあ!!




takao6

この日は只道さんの62歳のお誕生日。
 「おめでと~ございます!!」
駆けつけてくれた仲間達とお祝いしました。




こんな素晴らしいお山のお腹に穴を開けるなんて。。

なんとか守っていく道がないもんか。。



今回のイベントに限らず、その道を模索しつづけている、元気で楽しくって素敵なスタッフのみなさま、
本当にありがとうございました!


虔十の森にありったけの愛と。リスペクトを込めて。


              よすけ






リンク→虔十の会について
http://homepage2.nifty.com/kenju/htm/about_us.html




スポンサーサイト

PageTop

5/5 丸木美術館交流会&おっぺ交流会の写真です。

『吹き渡れ!沖縄ぬけーし風』
5/5原爆の図丸木美術館42周年開館記念日

太鼓で交流会に参加してきました。

maru1 maru2 maru4

この日は開館以来もっとも来場者が多かったのでは!?というぐらいの盛況な記念日となり、
今年の広島原爆忌に奉納するための千羽鶴も、多くの方に手伝っていただけました。

鶴を折りながら、さまざまな人とお話が出来、平和の輪が繋がっているのをすごく
感じました。


が、しかし、
また風向きが悪くなってきた。
プルトニウムの風になんか、負けてたまるか、と思う。





交流会のあと、さらなる交流を深めるべく、ゲストハウスおっぺに移動。
囲炉裏と太鼓。あったかい輪。

maru5 maru6 maru7


日々美術館を支え、素晴らしい記念日を創りあげてくださったスタッフのみなさん、
ありがとうございました!!

<<写真は丸木ボランティアカメラマンでおなじみの”ときちゃん”が撮ってくれました>>


よすけ
PageTop

5月23日縄文Calling◎詳細です―高尾山 森の記憶

ライブ&トーク 
【縄文Calling ―高尾山 森の記憶
   @裏高尾日影沢キャンプ場―5月23日(土)】


地球が最後の氷河期を迎えてから少しずつ暖かくなったころ、森は豊かに姿を変
え始めた。
そして、森を愛し、畏れる縄文の世界が広がりはじめる。
森は、縄文人を受け入れ、恵みを与えた。
「日本」なんて存在しない遠い、遠い昔のはなし…

森は誰のものでもないから争わず、森から恵みをいただき、クリの木で家を造り
、土をこねて器を作り、少し交易をし、暦を知る人々。
縄文人にとっては、獣たちもカムイ、巨木もカムイ、岩もカムイ。
再生と循環を繰り返す静かで長いものがたり。
縄文の世界は、多様化しながらさまざまな森の物語とアートを生み出し、1万年も
続いた。

さてさて、わたしたちは「近代」という世界に入ってまだたった250年。
でも、もうヘトヘト…
山を切り開き、削り、穴をうがち、森はわたしたちの前から消えてゆく。
カムイは、長く深い眠りについてしまったのだろうか?
森は、まだわたしたちを受け入れてくれるだろうか?

音を奏で、踊り、祈りをささげて森に聞いてみよう。
霊山でありながら高速道路のために穴をうがたれようとしている高尾の森で。
わたしたちが、「知恵=恵みを知る」者であるならば、
森の奥から、静かな答えが響いてくるはず。



jomon


【日時】5月23日(土)11:00~20:00 雨天決行

 ☆ちなみにこの日はまごめ会の指導者、水野只道さんの誕生祭でもあります。
   みなみなさま、よりよりあつまりくださいませ☆


【場所】裏高尾 日影沢キャンプ場

【参加費】2000円(収益は高尾山の保全に使われます)

【タイムスケジュール】

●11:00~13:00 縄文ワークショップ(参加無料)
 みんなで狩猟採集!高尾の森の恵み、美味しい野草を採集してお料理♪
 参加希望者は、11:00に日影沢林道入り口に集合
 ガイド:坂田昌子(虔十の会)

●14:00~20:00 ライブ&語り

【LIVE】
◎ラビラビ  http://www.rabirabi.com
◎Comugi  http://www.aofsoul.com/prof.html
◎HIROYUKI http://wiki.livedoor.jp/plumusic/d/HIROYUKI
◎大砂賀宣成 http://norishige.jp
◎八丈太鼓まごめ会 http://sound.jp/8magome
◎LONPEZUTA
◎港敦子(アイヌユカラ)×床絵美(ウポポ)
http://homepage2.nifty.com/at_port
【語り】
◎北山耕平(作家・翻訳家) http://native.way-nifty.com
◎坂田昌子(虔十の会)

【日影沢キャンプ場へのアクセス】
JR中央線・京王線高尾駅北口より「小仏」行バスに乗って約15分、「日影」
バス停下車。
バス進行方向に徒歩2分、日影沢林道入り口を左折。未舗装林道を徒歩10分で
到着です。

【主催】虔十の会&jomon step
【問い合わせ】kenju_treedom@yahoo.co.jp


http://homepage2.nifty.com/kenju/htm/event.html#event_20090523
PageTop

5/23(土)『縄文Calling 高尾山 森の記憶』 @裏高尾 日影沢キャンプ場


•5/23(土)出演予定 

『縄文Calling 高尾山 森の記憶』 @裏高尾 日影沢キャンプ場


◇LIVE出演予定 
RABIRABI/港敦子(詩人)/Comugi/HIROYUKI(カリンバ)/大砂賀宣成/八丈太鼓まごめ会/LONPEZUTA(Didjridoo)ほか

◇TALK 北山耕平(作家・翻訳家)・坂田昌子(虔十の会代表) 

◇流木アートによる会場装飾 三橋玄(空間造形作家)

○「縄文ワークショップ」(ガイド 坂田昌子)11時~13時 

○ライブ&トークセッション 14時~20時

¥2000(収益は高尾山の保全のために使われます)


◇企画主催:虔十の会 http://homepage2.nifty.com/kenju
 
◇共催:jomon step http://blog.jomon-step.com





先日、初めて高尾のお山に行ってきました。

表の沢沿いをすいすい登ってハイキング気分を味わう。
頂上の人混みを抜けて、日影方面へ下ると、もう裏の森。
子供の頃すごした裏山を思い出す。
調子こいて、ころげて、くじいて、ふもとにたどりついたら、お山がひっぺがされてた。
巨大な建築が山に押し寄せている。

寒気がした。

失いたくない。

またここに立たされる。

自分は太鼓で何が出来るだろうか。


と、感傷的になっても始まらないので、とっとと稽古にはげむとする。
今日はえのけんさんとの合わせ稽古。

ぐいっぐいっ。


よすけ
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。