八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

個性あふれた太鼓訪問者

実に個性的かつ魅力的な訪問者がまごめ会に増えています。最近では、遠方から見えた子育て中の昔仲間が2人。どんなに離れていてもその時間を感じさせずに打ちあえるのは、八丈太鼓の有り難さですね。又オッペきんちゃん筋の来訪者も粒よりの個性派。
沖縄行きが決まっているという魂の救済者とも云うべきおっきな男性と、その仲間の女性達。それに、身も心も癒されるインデアン・ドラムの女性奏者。皆まごめ会の八丈太鼓にに嵌って、楽しんでくれたのが嬉しいです。こうした広がりも、若いメンバーがいてくれるからこそ。仲間がもっと増えるといいなあ!< お久しぶりの 五十子>からでした。

スポンサーサイト

PageTop

8月、広島へ。

新年のご挨拶に書いた8月の広島の件について少し説明しておきます。

2008年2月、いのくら屋さんの新春交流会をきっかけにして、
原爆の図・丸木美術館とご縁が繋がりました。
5月5日美術館の開館記念日のイベントで演奏させていただいた時に出会った
”ゲストハウスおっぺ”のきんちゃんが八丈太鼓を気に入ってくれて、
おっぺでのイベントに何度も呼んでくれました。
そのおっぺに集った仲間達と共に、8月、広島に向かいます。

核問題をはじめ、現代の私達の世界、生き方に警鐘を鳴らし続けている映画
「ホピの予言」2004年版
http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/
の上映と、トークライブ、詞の朗読、音楽の演奏、などの催しを企画しています。

八丈太鼓の響きで、平和への祈りを共有したい。

現在、会場の確保など、様々な方々にご協力をお願いしている段階です。
みなさまのご志援よろしくお願い致します。

平和で満ち足りた世界へ、全力で!

            
              よすけ


 

関連リンク

中心になって動いてくれている港敦子さんの
ブログ Project for VOICES http://voices55.jugem.jp/
ホームページ 港敦子~ことばの埠頭 http://homepage2.nifty.com/at_port/

2007年原爆忌、広島平和記念公園で行われた朗読会
 「声をともして」の記事
 http://www.chugoku-np.co.jp/abom/2007/news/An07080802.html
PageTop

いのくら屋主催「新春交流会」のお知らせ

あけましておめでとうございます。
みなさんどんな年明けでしたか?
只道さん、五十子さんは、新座観音にて初打ちされてきたそうです。
おいは8月6日原爆忌、広島での慰霊、鎮魂、世界平和祈念太鼓の実現に向けて、
広島宮島祝島、と、島巡礼してまいりました。
(新年早々あたたかく迎えてくださったみなさん、ありがとうございました。)

昨年は本当に多くの出会いがありました。仲間がいるんだ、という確信。
今年はその深い水脈のようなつながりを、大きな流れにしていけたらと思います。
どうぞよろしく!!

                                     よすけ

さて、新春「あたい」の人々との交流会のお知らせです。
=======================================
新春交流会  2月11日(水/祝)大田文化の森にて
一部    9時から      食を拵える会    調理室(3階)
二部    1時30分から  農の話を聞く会  多目的室(5階)
幕の内   4時30分から  八丈太鼓      第3音楽スタジオ(1階)
三 部    5時30分から  交流会       多目的室(5階)

・三部の交流会の参加費は大人(中学生以上)2,000円
 子供(5才~小学生) 500円
=======================================

[以下、主催者のいのくら屋さん<東京都大田区中央1-15-1 /03-3775-9323>
 1・7発行の 『いのくら屋 にゅーす』より]



~拵える会~
 『農と食』を語る。今の多くの食は信頼が無くなってしまっている。食は身近な農人々から安全な食もつを提供してもらうことが良いなと思っています。小さな店でちいさな農の材で朝から拵えて話をして、みんなで食をする。畔上のあかあさん(のりこさん)が打ったそばを食べる。このそばは畔上さんが無農薬で作り、干して、挽いた粉を練って、手間と時間をかけた自然のリズムで郷土料理のそばです。北志賀に伝わっている山ごぼうの葉をつなぎにして、固く、コシのあるそばです。もう一品は中国残留邦人の三世で小学二年生のときに帰国した佐藤美貴さんの手ほどきを受けて、中国仕込みのお手製の肉まんとあんまんをみんなで作ります。月一回行っている『拵える会』で持ち寄ってくれた水餃子が絶品であった。彼女は手際がよく、ひとりで200個くらいは作ってしまうと言う。その手際のよさに驚いて。あんまんも肉まんもすぐにできるという話を聞いてみんなで作ろうということになった。あと2、3品はお楽しみに。

~八丈太鼓~
私たちはいのくら屋さんの近くの南馬込で八丈太鼓を打っているグループです。
八丈太鼓は伊豆諸島八丈島の郷土芸能ですが、一台の太鼓を二人で向き合って打つシンプルなかたち。 譜面や決まった手はなく、その人らしさを自由に表現できる楽しい太鼓です。新春の集い、たくさんのバチを用意しておきます。初めてでも、力がなくても、リズム感なくて、、というひとでも大丈夫。みんなで太鼓を囲み心身ともに暖まりましょう。


~12・3発行のニュースに交流会お誘いの素晴らしい文章があります。

 興味のある方はご一読下さい。

土と酵母の ぬちぐすい~新春「あたい」の人々との交流会
http://sound.jp/8magome/text200901.xhtm
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。