八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月出演予定

11月の出演予定でございます。



◎11/1 (土)東京コロニー大田福祉工場フェスティバル
       午前11時~午後2時30分 <12:00頃出演>
       大田区大森西2-22-26 /03-3762-7611
        バザー/産直青森リンゴ/アートビリティカレンダー
        子どもコーナー/模擬店(やきそば等)

  東京都大田福祉工場ホームページ
   http://www.tocolo.or.jp/oota/P0200.htm



◎11/2-3(日-祝)越生秋の宴 ゲストハウスおっぺ 
        2日の夕方頃より開宴 
        埼玉県入間郡越生町大満516/049-292-5543





◎11/16 (日)東京土建まつり
       午前10時~午後2時 <10:00頃出演>
       杉並第十小学校校庭or隣接の蚕糸の森公園(雨天決行)/03-3313-1445
(地下鉄丸ノ内線・東高円寺駅下車徒歩1分)
【内 容】
 包丁研ぎ・まな板削り、親子ジャンボ工作教室、住宅・耐震相談、バザー、模擬店、防 災訓練(はしご車、煙体験)、医療・介護相談他、各アトラクションを開催。

 東京土建杉並支部 ホームページ 
 http://www2.ttcn.ne.jp/~doken-suginami/shibu/sibu-katudo/index.html
                 


   
◎11/16 (日)アジアオストミー協会大会<17:00頃> 問合せ:03-5670-7681
   代々木公園内国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋徒歩7分)
  社団法人日本オストミー協会ホームページ
  http://www.joa-net.org/contents/aoa/index.htm




足を運んでいただければ幸いです。



スポンサーサイト

PageTop

10/19 祐天寺 宵の人寄せ

祐天寺みよし通りの「風の舞い」は、私達にとってこの日二箇所目の出演。人通りのない路地での打ち出しは、ちょっとキツかったのですが、打ち進むうちに驚くほど人が集まり、舞い手が揃いだした宵闇が近ずくころは、一挙に雰囲気が盛り上がりました。だんだんと乗ってきて、最後は、責任者の方から、「八丈太鼓の皆さん、熱演有難うございました!」とのアナウンスを戴いたほど。やはり今回のように、人垣に囲まれた地べたの演奏のほうが、八丈太鼓らしくていいな、とつくずく思いました。
生演奏で流す、幻想的なおはら節の舞いも堪能できて、素敵な宵を戴きました。 イ



祐天寺えのもとさん
PageTop

平和と健康みんなの願い

しぶやの平和と健康まつり参加してきました。


  1012まるみさん

地元の仲間の前で本バタキを披露する まるみさん

               (撮影はおとうちゃん)


地域に根ざしたこういうお祭りっていいもんですね。


さて来週は

火の渡りに風の舞。

お楽しみに。


      <よすけ>

PageTop

10/5 TAIKOの祭典

2年に一度の大舞台、大田区太鼓連盟のTAIKOの祭典も、滞りなく終了しました。まごめ会では、女打ちソロと、総勢6人のユーキチ回し打ちを披露。回し打ちでは、あれマジコケですか?というステンもありましたが、素晴らしかったですの、一般のお客様の声、八丈さんは隠し玉が多すぎるよ、という、責任者の方の嬉しそうな声、貴重なTAIKOなので、これからもずっと続けていって下さい、という、特別ゲストの言葉も、別れ際に戴いて有難かったです。初めてだった車イス席の取り外しにも、連盟の皆さんが協力して下さり、たいへん助かりました。気持ちの良い、成功の祭典でした!イ
PageTop

10月出演予定一覧

◎10/5 大田区太鼓の祭典<14:30開演> 
      [大田区民ホールアプリコ 大ホール 大田区蒲田5-37-3]
      問合せ:03-5744-1600
      http://www.e-hougaku.com/ota_taiko/

◎10/12 しぶや平和と健康まつり <10:00頃>
      [渋谷区幡ヶ谷3-1-1 六号坂上公園]
      
      楽しいイベントいっぱい!
       八丈太鼓、うた、民謡、社会風刺の”裸の王様”、体力測定など
       医療&介護相談、血圧&体脂肪測定コーナーあり
       無料包丁とぎ、まな板削りサービス
       耐震住宅展示、住宅相談コーナーあり
       おいしい焼そば、おでん、ビール、オリジナル工芸品、木工教室、バザー、餅まき

      問合せ:03-3467-4541

◎10/19 新座観音火渡り祭 <12:00頃> 
      [埼玉県新座市道場] 
      問合せ:048-479-6222  
      http://www.kan-non.com/hiwatari.html

◎10/19 祐天寺越中おわら風の舞 <16:30頃>
      [東横線祐天寺駅前 みよし通り商店街]
      http://www.city.meguro.tokyo.jp/event/syotengai_autumn_event/index.html


芸術の秋にお祭り三昧です。
みなさまも是非、足をお運び下さい。

PageTop

お問合せくださったMMさまへご連絡

見学希望のお問合せくださったMMさまへ

メールアドレスに間違いがあったようです。
再度問合せフォームよりご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
PageTop

動画追加:水野只道&榎本健二@おっぺ

2008/9/14「おっぺでパーティー」

[上打ち:水野只道/下打ち:榎本健二]

の演奏、YouTubeに追加しました。
是非ご覧になってください。

PageTop

朗読CD「にんげんをかえせ」のご紹介

お不動さんまつりに参加してくださった好村俊子さんとは
8/6に原爆の図・丸木美術館で出会いました。
「にんげんをかえせ・序」の朗読を聴いた時の衝撃は、
今も胸の奥深くで強烈に響いています。
CDを出していらっしゃいます。興味のある方は是非。

にんげんをかえせ
   
朗読:好村俊子
題字:峠 三吉
表紙画:丸木 俊
音楽:平林征児、藤原もりじ



曲目リスト
1. 「序」 ―― にんげんをかえせ ――
2. 解説
3. 「美しい日は去る~青い星~空をごらん」
4. 解説
5. 「八月六日」
6. 「仮繃帯所にて」
7. 「倉庫の記録」(その日~八日目)
8. 「眼」
9. 「ちいさい子」
10. 解説
1. 「希い」 ―― 原爆の図によせて ――


内容紹介
原爆詩人と呼ばれた、「峠三吉全詩集・にんげんをかえせ」より、原爆投下以前の作品と投下後の作品を抜粋し、俳優・声優の好村俊子が深く静かに朗読しています。 針生一郎氏より (元新日本文学界代表世話人・美術評論家連盟会長) 「好村冨士彦はわたしより少し年下だが、広島に住んで原爆被爆体験の発掘・記録・伝承に熱心だったので、同世代の独文学者中わたしともっとも親しかった。その彼が亡くなって七年後、妹の好村俊子から、兄も傾倒した峠三吉の「にんげんをかえせ」の解説付き朗読CDを送られた。 さすがに俳優・声優としての長いキャリアをもつ彼女だけに、このCDは峠の絶唱の迫力と魅力をまざまざと味わせてくれる。聴くことがたちまち好村冨士彦のよびかけたような、再発掘・記録・伝承の運動の起点となる経験は滅多にない。ぜひとも多くの人びとに、このCDを聴いてほしいと思う」 御庄博実氏より (広島共立病院名誉院長・峠三吉生前よりの詩友) 「峠の詩と、丸木夫妻の「原爆の図」とが二重うつしになって、聴く人の心の底にひびきます。音楽がどの詩のところでも、よりそう影の様に重要な役割を果たしているのに感動しました」 増岡 弘氏より (劇団東京ルネッサンス代表・声優「サザエさん」マスオ役・ほか) 「人は『遠近法』で生きています。遠くのものは小さく見え、近くのものは大きく見えます。絵を描く時、たとえば一本の道を描く時、同じ巾の道が手前では大きく、遠くでは小さくなり消えていきます。 でも、これはすべての事に言えます。 女優・好村俊子さんが、峠三吉「原爆詩集」のCD『にんげんをかえせ』を完成されました。情緒に陥り易いこの作品を、深く、静かに表現をして、女優・声優の好村俊子さんの集大成ともなりました。 戦争を知らない若い世代の方に、特に聴いて欲しいと願うばかりです。 時間と共に遠くになってはならない大切な心がここにあります」


◎「にんげんをかえせ」推薦文


 好村冨士彦はわたしより少し年下だが、広島に住んで原爆被爆体験の発掘・記録・伝承に熱心だったので、同世代の独文学者中わたしともっとも親しかった。その彼がなくなって七年後、妹の好村俊子から兄も傾倒した峠三吉の全詩集『にんげんをかえせ』の解説つき朗読のCDを送られた。さすがに俳優・声優としての長いキャリアをもつ彼女だけに、このCDは峠の絶唱の迫力と魅力をまざまざと味わせてくれる。聴くことがたちまち好村冨士彦のよびかけたような、再発掘・記録・伝承の起点となる経験は滅多にない。ぜひとも多くの人びとに、このCDを聴いてほしいと思う。
                         
                                  元新日本文学会代表世話人
                                  美術評論家連盟会長
                                  針生一郎氏




 暑中御見舞い申し上げます。
先日は、遠くからCDを中心にした「にんげんをかえせ」にまつわるスピーチの時間楽しくそして重いひとときでした。いま改めてCDを聴き直しています。
 峠の詩と、丸木夫妻の「原爆の図」とが、二重うつしになって、聞く人の心の底にひびきます。音楽がどの詩のところでも、よりそう影の様に重要な役割を果たしているのに感動しました。御元気で
          
                                広島共立病院名誉会長
                                峠三吉生前よりの詩友
                                御庄博実氏(本名 丸屋 博)               〔平成二十年六月二十九日「広島に文学館を!市民の会」主催による
  CD<にんげんをかえせ>(峠三吉)完成記念朗読会にご出席下さいました〕



 
 人は「遠近法」で生きています。遠くのものは小さく見え、近くのものは大きく見えます。絵を描く時、たとえば一本の道を描く時、同じ巾の道が手前では大きく、遠くでは小さくなり消えています。
でも、これはすべての事に言えます。
女優好村俊子さんが、峠三吉「原爆詩集」のCD『にんげんをかえせ』を完成されました。情緒に陥り易いこの作品を、深く、静かに表現をして、女優・好村俊子さんの集大成ともなりました。
戦争を知らない若い世代の方に、特に聞いて欲しいと願うばかりです。
時間と共に遠くになってはならない大切な心がここにあります。

                                  劇団東京ルネッサンス代表
                                  声優「サザエさん」マスオ役
                                  増岡 弘氏




CDには10編の詩と解説が収録されており、約40分。1枚2000円。
問い合わせは東京都江東区牡丹2-2-1-404
好村俊子プロデュース・鷹(03-3641-0552)へ。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。