八丈太鼓まごめ会

太鼓たたいて 人さまよせてな わしも逢いたい 人があるよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

近況

     近  況            水 野 只 道      
     
 長年お世話になった八丈の師匠、浅沼亨年(ミチトシ)さんが亡くなり、切符まで予約していたのに、ドクター・ストップで行けなかった正月明け。無念の思いが重なったが、血小板減少症という病名で、さほど厄介なものではなかった。
 
 実は入院中に、ヒャックリが出る治療薬を飲んでいて、それを止めるには、丹田の呼吸法が一番効果的だった。それでヒャックリのたんびにベッドに坐って丹田呼吸をしていたら、いつの間にか坐禅の習慣が戻っていた。八年前に大病をして以来、下腹に力を入れられず、思うように坐禅ができなくなっていて、かつての朝晩の習慣は途切れ勝ちになっていた。 元に戻れることをあれほど願っていたのに、その不本意を、自分では長い間どうすることもできなかった。まるで漫画みたいな話しだが、とんだ薬の副作用ならぬ副産物で、ヒヤックリ止めがきっかけとなって、今まで願っていても取り戻せなかった習慣が、完全に復帰していた。退院した今は、家の中でも毎日スッと気持ちよく坐れるようになっている。朝晩に坐り、お経を読み、太鼓を打ち、千羽鶴を折って、近年になく充実した楽しい生活を送っている。

 少し春めいてきた先日、仕舞いこんでいたお雛様がみつかった。質素なものながら嬉しくて、花を供えて飾った。その後、大雪がきたのには驚いたが、隣近所の子供たちが大はしゃぎで、かまくらを作っているのを見るのもまた楽しかった。

 かまくらといえば、来月は、故郷の魚沼に還った榎本君から、「かまくライブ」と称する巨大かまくらのイベントに、太鼓で誘われていたんだった。勤め先の道の駅で開かれるとのこと。那須の陽介も参加するという。太鼓の昔仲間と、こうした形で会えるのは嬉しい。

 もしかしたら、年明けからの自分の休養は、こんな生活をこれからも続けていく切っ掛けになっているのかも知れないーー。今年は、仕事の第一線からも大幅に退いて、仏道と太鼓に専念することにするかーー。そんな風に思うこの頃である。   (2014・2・20)  

250 P2200041 b★P2130015

スポンサーサイト

PageTop

自立ステーションつばさ合同練習(11/11)

東京都心では冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が吹いた昨日

まごめ会のメンバー(只道さん、五十子さん、オソダさん、柵木)で、

12月に行なう催し物のために、多摩市永山まで、

自立ステーションつばさ との合同練習に行ってきました。

つばさの皆さん、素晴らしいです素敵です

その素晴らしさと素敵さを、当日直接に感じて欲しいですね

そんな訳で、とっても寒い日でしたが、気持ちがあったかになりました

チラシも完成後ほどアップしまします。

PB110002_NEW_R.jpg

PB110006_NEW_R.jpg

PB110008_NEW_R.jpg

PB110011_NEW_R.jpg

PB110012_NEW_R.jpg

PB110013_NEW_R.jpg

PB110015_NEW_R.jpg

PB110018_NEW_R.jpg

PB110023_NEW_R.jpg

PB110024_NEW_R.jpg

PB110027_NEW_R.jpg

PB110028_NEW_R.jpg

PB110032_NEW_R.jpg

PB110040_NEW_R.jpg

PB110047_NEW_R.jpg

PageTop

「つばさ」の仲間と合同練習(6/8 土)

12月に多摩の 自立ステーションつばさ とコンサートを計画しています。

昨日は、それに向けての第1回目の合同練習。

多摩市の「ゆう桜ヶ丘コミュ二ティセンター」まで行ってきました。

可愛い子どもさんも加わり、皆さんの自作の歌も聞かせていただき、

本来の八丈太鼓の楽しみ方、そのものの時間でした。

「つばさ」の皆さん、ありがとう

美味しい手料理もたくさんいただきました


 IMGP3341_R.jpg

IMGP3342_R.jpg IMGP3350_R.jpg



PageTop

新年度4月2日・復興支援・まごめ会

エイプリルフールも終わりますね。 たった1日でいいから『今の光景は、ウソだよ〜本当は何も変わってないし、何もなかったんだよ〜』ってならないかな? ならないよね、現実だもんねぇ……
と、陸前高田のマサルさんの言葉。

そうなんだよね。『4月1日は嘘をついてもよい』だけれど『嘘だったら』って気持ちだよね!!
しんみりsimasita

「和太鼓の音は『復興』という文字に一番近い楽器のような気がしました」
と、ある方が言ってくださったように、新年度も太鼓を通じて広がり繋がりたいものです。

↓ 1月から復興支援路上ライブのために作ったのぼり旗です。
  旗があると元気がでますね。

のぼり旗540

PageTop

211いのくら屋新春交流会

雪ふりしきる二月十一日、いのくら屋さんの新春交流会に参加してきました!

普段はUFO!じゃなくて、ロケット部品の設計をしてらっしゃるというなんだかすごい人が撮ってくれた、
盛り沢山のおいしい写真をまじえてご報告いたします。

-------------------------
211-1

午前の部 拵える会(こしらえるかい)
211n2 211n3 211n4211n11211n10211n1211n9211n8




午後の部は・・
講師の大野和興さんの世界から足下をみはるかす興味深いお話。
を受けての、
お百姓さんたちの土地に根ざした世界観。
よ~くかみくだかれたお話で、これからの生き方をかんがえていくうえでも、すごくためになるお話でした。

]211n6
211n5 211n12
211n7



交流会は・・
いき 息るを書いた書家の先生とむさじじのおはなしや、
はるばるいらっしゃってくれたお百姓さんたちのご挨拶からはじまり・・
iki iki2 mu

211n14
211n13
211n15
211-3

◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎

ステージはおなじみのとつとつとした落語で幕をあけ・・
211n01

211-5
やさしい音色のピアノとバイオリン。


211-5 あしたば☆みさっちのすみわたる歌

211-7fumiさん&あしたば☆みさっちの平和への祈りを込めた歌


211n02 只道さんの心ふるさせる、三宅の民謡「えじま」


まごめ会みんなの八丈「ショメ節」

1)南風だよみなでておじゃれ 迎え草履の紅鼻緒
2)ぼくりひんなぶして袖ひっちかめえて おめえはわせどかこの雨に
3)沖でみたときゃ鬼島とみたが 来てみりゃ八丈は情け嶋
4)今日はめでたいいのくらの集い いのちのつながりむすびあう
5)太鼓たたいてひとさまよせて わしも逢いたい人がある
6)うまい食事と楽しい酒よ いきるよろこびわかちあう


211-9
1:五十子さん 2:只道さん 3:fumiさん 4&6:よすけ 5:M!sa(あしたばちゃん)が唄いました。
それぞれの歌の説明を、最下段に掲載しています。


211-10
五十子さんのまろやかな、青ヶ島民謡「月とどうしよ」&太鼓


             211-11
             ばくざん夫婦による「いのくら屋のうた」「山王三丁目市場のうた」など、
             地域性あふれるあったかい歌


211-12
迫力の演奏で場をわかせてくれたケグリ


             211-13
             はずれなしのおいしい抽選会

◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎


ほんんっっとに!もりだくさんのいちにちでした!

いつも安心な食をとどけてくれるお百姓さまたち、
また、朝からおいしい食事を拵えてくれたみなさん、ごちそうさまでした☆

夕方からしか来られない人たちにも、お百姓さんたちのお話をじっっくりきいてもらえるよな場面があるとよかったなあ。
芸能と農、いい形でむすびあえたらいいなあ。


いのくら屋さん、むさじじ、ともこさん、あべさん、おおにしさん、いつもありがとう。
これからも☆


   イヤァ~ア
   いのくら一献 世界を語る
   様の視線を お湯でわり
   ショメ~ショメ~




                             よすけ


211-14





以下ブログでも当日の様子が報告されています。どうぞご覧ください。

あしたば☆みさっちのブログ
http://blog.livedoor.jp/dualfacemoon/
平和への祈り・まつりの輪 ブログ
http://inorimatsuri.jugem.jp/




ショメ節の説明(「八丈島のショメ節/内藤茂」より引用させていただきました)

1)南風だよみなでておじゃれ 迎え草履の紅鼻緒

徐福伝説~秦の始皇帝の命によって徐福が不老不死の霊薬を東方の島々に探しに来たが見つからず、自分は紀州にとどまり、童女五百人を八丈島に、童男五百人を青ヶ島に捨てたと伝えられている。これから八丈島が女護が島といわれるようになったという。
これらの両島に別れた男女は、両方で恋しく思いながらも一緒に住むと海神が怒ると言い伝えていた。ただ、一年に一度吹く南風の日には、海神の許しがあって、青ヶ島の男性は八丈島に渡って仮寝の夢を結んだという。この日に、八丈島の女童たちは、てづくりの赤い鼻緒の草履を作り、浜辺に並べてその草履をはいた男を一夜の夫と定めたという。恐らく男性どもに目立つように趣向をこらした赤い鼻緒であったのであろう。

昭和五年、八丈に来島した野口雨情氏の作。


2)ぼくりひんなぶして袖ひっちかめえて おめえはわせどかこの雨に

ぼくり=ぼっくり。下駄のこと。
ひんなぶして=かくして 「ひん」は意味を強める接頭語。
ひっちかめえて=つかまえて 「ひっ」も意味を強める接頭語。
おめえ=あなた。目上の人に対する敬称(目下にはオマイを使う)
わせどか=お行きになってしまうのか。
『下駄をかくして、帰ってはいやよと袖をつかまえて頼んでいるのに、
 もうあなたはお行きになってしまうのですか、この雨の中に』という意。

補:『下駄を袖でかくして、この雨の中きてくださったのですか』という意味にもとれるとの事。
   只道さんの師匠、太鼓のみっちゃんこと、浅沼亨年さん得意のショメ節だったそう。


3)沖でみたときゃ鬼島とみたが 来てみりゃ八丈は情け嶋

流人の作だと言われているが、ショメ節の発生は明治の中ごろなので?
流人の心情を推し量ってつくられた歌であろう。
たとえ罪人といえども、江戸からの長い船旅に加えて三宅島の風待ちで、やっと黒瀬川(黒潮)を越えて船から望む峨々(ガガ)たる八丈島は鬼島とも見えたことであろう。
ところが・・・
流人は妻を伴うことを禁止されていたが、島内で内縁関係になることは許されていた。流人の薪水の労を買って出たのが島の女童(メラナベ)であった。彼女らの物惜しみしないひかえめな献身が、罪科を負って流されてきたすさんだ心をどれだけなごませてくれたことだろうか。こういう女性を「水汲み女」と称して、一般の島民と結婚した女性と区別していた。
やがて赦免になると「水汲み女」は晴れて妻として江戸へも連れて帰れたそうである。中には、一人で帰国したが再び八丈にもどって妻とし生涯を終わった者もあるという。


5)太鼓たたいてひとさまよせて わしも逢いたい人がある

おなじみの太鼓節。ショメ節でもうたえるんじゃなあ~。


4)今日はめでたいいのくらの集い いのちのつながりむすびあう
6)うまい食事と楽しい酒よ いきるよろこびわかちあう


当日会場でかんがえた歌詞です。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。